ベルマーク運動の活動状況

集票点数と運営費の仕組み

集票点数と市場調査費にみる教育助成比率は80%(消費税を抜いた比率)

(1)
集まったベルマーク1点につき、1.27円(消費税こみ)の「市場調査費」が協賛会社から支払われます

(2)
このうち1円分が、PTAなど参加団体の預金口座に入り、自分たちの学校の設備が購入できる「教育設備助成費」になります

(3)
残りの0・27円(消費税こみ)分は、集票活動したPTAなど参加団体から財団に寄付され、「運営費」になります

※PTAのベルマーク預金が、運営費に使われることはありません

2014年度の実績

  • 集票点数      508,514,234点
  • 市場調査費 合計   635,642,535円
  • 参加団体口座へ   508,514,234円(教育設備助成費)
  • 財団へ       127,128,301円(運営費=PTAからの寄付)

2013年度の実績

  • 集票点数      527,388,575点
  • 市場調査費 合計   659,235,456円(527,388,575点×1.25円)
  • 参加団体口座へ   527,388,575円(教育設備助成費)
  • 財団へ       131,846,881円(運営費=PTAからの寄付)

寄付金と援助実績

2014年度実績(寄付金はすべて援助のために使われます)


割り戻し寄付金
=PTAなど参加団体がベルマーク預金で設備などを購入した場合、購入金額の1割が協力会社から割り戻され、PTAから財団に援助資金として寄付される

協賛会社寄付金
=1社につき年間30万円(入会4年目からは10万円)が寄付される

一般寄付金
=ミズノスポーツ振興財団や運動を応援している企業、個人からの寄付

友愛援助寄付金
=参加団体が、財団が募集している教育援助事業の中から希望する事業を指定して、ベルマーク預金から直接寄付する

※援助は、前年度収入に基づいて、翌年度実施になるため、同年度の収支は一致しません

集票点数とお買いもの額の推移

参加校・団体の推移

2014年度事業報告

(2014年4月1日~2015年3月31日)

(1)参加団体・学校

 2015年3月末で2万7812団体です。147団体減りました。少子化や学校の統廃合が続いているためです。参加している児童・生徒数は943万人。9万人の減少です。06年から参加できるようになった公民館・大学は、23増えて238団体です。

(参加数)(全国総数)(参加率)(増減数)
小学校146892085270.4-85
中学校65281055761.9-55
高校1166496323.5-4

 幼稚園・保育園、大学、公民館等の内訳は以下の通りです。

(参加数)(増減)
幼稚園・保育園5191-26
大学92+8
公民館等146+15

(2)ベルマークの集票点数

 14年度の集票は5億851万点でした。消費税アップの影響などもあり前年度を1887 万点下回りましたが、4年連続で5億円台に 乗りました。

(3)教育設備品購入額

 お買い物の総額は、5億2430万円でした。前年度を971万円上回りました。サッカーボールやウオータークーラーなど定番の人気商品のほか、岩壁を模した板を上るクライミングウオールやAEDのような、新しい設備も購入されました。運動が始まった1960年からの累計は、264億802万円です。

(4)被災校支援

【東日本大震災被災校】
 協賛会社キユーピーの被災校支援のための特別寄付も含め、岩手、宮城、福島3県の計157校に、教育備品や教材の寄贈、クラブ活動や校外学習で必要な生徒移動のためのバス費用援助として、合計3750万円相当を援助しました。支援の対象校と内容は、学校の被災、復興状況に詳しい3県の小学校長会、中学校長会の全面的な協力を得て決めました。
 大震災から4年間の支援は、3県に当初の茨城を加えた4県の延べ1188校を対象に、総計3億7240万円相当になりました。
【広島土砂災害被災校】
 広島県内の、被害を受けなかった地域の学校PTAから支援の呼びかけがあり、4校に計99万円相当を支援しました。

(5)教育援助事業

【へき地学校援助】
 全国70校に、視聴覚・理科機器や楽器など、2106万円相当の設備品を贈りました。
 出前授業は、一輪車講習会を7回、理科実験教室を9回、走り方教室を3回、アート教室を3回、演劇公演を2回実施しました。
【特別支援学校援助】
 養護学校20校、盲学校19校、聾学校14校と、病院内学級4学級に合計1480万円相当の設備品を贈りました。
 養護学校には視聴覚機材等、盲学校には拡大読書器、聾学校には教材提示装置、病院内学級にはパソコン等を贈りました。
【開発途上国の学校などへの援助】
 参加団体がPTA預金から寄付して下さる資金と財団の予算を合わせて、開発途上国の学校、図書館建設、保健教育活動などを支援しています。14年度は、アジア・アフリカなどで活動する9団体を通じて、9カ国に計383万円を支援しました。参加団体からのこの寄付を「友愛援助」と呼んでいます。

(6)協賛会社・協力会社

 商品にベルマークをつけている協賛会社に、イオントップバリュが文具で新たに加わりました。一方、ナカバヤシ(学習帳)と日本デキシー(紙容器)の2社が脱退し、計58社となりました。2015年4月にはBRITA Japanが加入、現在は59社となっています。予断を許さない経済情勢ではありますが、ベルマーク運動に理解のある新規協賛会社の開拓に引き続き力を入れていきます。
 ベルマーク参加団体に商品を販売する協力会社は15社で変動ありません。

(7)運動推進事業及び広報宣伝事業

【運動説明会】
 新たにベルマーク運動の担当になったPTAのみなさんに、運動の仕組みや実務を理解してもらう催しです。14年度は5月から6月にかけて、47都道府県の90都市・地域で96回開催しました。5051校から1万4018人に参加いただきました。前年より193人増えました。
【ベルマーク新聞・ホームページ】
 14年度から、財団ホームページを全面的にリニューアルしました。毎月40万ページビューという、たくさんのご利用をいただいています。項目を整理して見やすくし、PTAのみなさんが日ごろお買い物するときに、ベルマークがついている商品を調べる仕組みも新設しました。財団が全国で支援している活動も紹介しています。
 新聞は例年通り、年4回発行しました。発行部数は約8万~10万部です。被災地校支援の状況や、PTAのみなさんの活動の様子など、ベルマークをめぐるニュースを積極的に伝えました。

(8)新たな取り組み

【学校外でのマーク集め】
 地域の学校や、災害被災校にマークを贈りたいと、企業や労組のみなさんがベルマークを集める申し出が増えています。市を挙げた集めたベルマークの半数を市内の学校に、残りを東日本大震災の被災地校に贈るという東大阪市のように、こうした動きは自治体にも広がっています。財団から職員が出向いて、収集・集計の方法を伝え、運動の拡大を図りました。
【仕分けボランティア募集】
 学校外からのマークの寄贈は、未分類・未集計のものも多いため、協賛会社に請求して被災校に贈るまで時間がかかります。このため、寄贈された未整理マークを分類・集計してもらう「仕分けボランティア」を呼びかけました。2015年1月にベルマーク新聞とホームページで募集し、3カ月間で77人・団体の応募がありました。協力を得て、寄贈マークの善意を生かしていきます。
 
以 上
公益財団法人 ベルマーク教育助成財団

ベルマーク商品

■学生・こども総合保険(こども総合保険)■学校契約団体傷害保険(学校契約団体傷害保険特約セット 普通傷害保険)■PTA団体傷害保険(PTA団体傷害保険特約セット 普通傷害保険)

ベルマーク検収

今週の作業日:9/25~9/29
8/21までの到着分を作業中

月別記録BOX

PAGE TOP