7月豪雨、熊本の8校を支援/日本人学校4校も


(2020/09/10)印刷する

 今年7月に九州南部を襲った豪雨で被災した学校への、ベルマーク財団の支援が決まりました。被害が集中した熊本県の県教育委員会に協力してもらって調査し、同県内で校舎が浸水した3校と、児童・生徒の自宅に多く被害が出た5校、あわせて8校に計170万円相当の希望の備品などを贈ります。

 7月豪雨は、雨雲が列をなして発生する線状降水帯が九州地方にかかったことから、各地で記録的な降水量を記録しました。なかでも熊本県の球磨川水系では氾濫や堤防の決壊が各所で発生し、大きな被害が出ました。

 財団では豪雨の発生直後から、支援のための友愛援助の募集を始めました。11月末までに12団体から計10万余円が寄せられました。ありがとうございます。この友愛援助は12月末まで募集しています。

 また、例年実施している日本人学校への支援も決まりました。文科省からの推薦をもとに、オーストラリア、韓国、フランス、ニュージーランドの4校に、希望する教材を贈ります。

 支援先は以下の通りです。

7月豪雨被災校

熊本県八代市 八竜小、坂本中▽同人吉市 西瀬小▽同芦北町 佐敷小、佐敷中▽同球磨村 渡小、一勝地小、球磨中

海外の日本人学校

シドニー日本人学校(オーストラリア)、ソウル日本人学校(韓国)、コルマール補習授業校(フランス)、ワイタケレ補習授業校(ニュージーランド)

 

4院内学級への支援決まる


(2020/10/12)

 ベルマーク財団が今年度支援する院内学級が決まりました。院内学級とはケガや病気で入院しなければならない児童・生徒のために、病院内に設置された学級のことです。今年度は福島、山梨、香川、宮崎各県の4学級に、それぞれiPadなどの希望備品を購入してもらいました。

 支援先は以下の通りです。

 福島県 平支援学校病院訪問学級(いわき病院)▽山梨県 中央市立玉穂中学校下河東分校(山梨大医学部附属病院)▽香川県 善通寺養護学校(四国こどもとおとなの医療センター)▽宮崎県 清武せいりゅう支援学校(宮崎大医学部附属病院)

 被災校を除く財団の今年度支援は、へき地校100校、特別支援学校51校をあわせ、これで計155校・学級となりました。また、例年実施している海外の日本人学校への支援も準備をすすめています。

東北支援、133校に総額1200万円


(2020/10/12)

 東日本大震災から10年。ベルマーク財団は今年も被災校に寄り添います。岩手・宮城・福島3県の小中学校133校に対し、総額1200万円相当の支援を実施します。

 内訳は以下の通りです。

 ・岩手県 小学校30校、中学校23校

 ・宮城県 小学校12校、中学校31校

 ・福島県 小学校25校、中学校12校

 各県の小中学校長会に支援先リストの作成をお願いしました。校長会の希望で、昨年の台風被害の被災校も一部含まれています。福島県の小学校は複数校が同じ校舎で学ぶケースも多く、支援単位としては17グループになります。

 支援額は、各県の小中学校それぞれ200万円相当。必要な備品を購入するか、児童・生徒の移動の手段としてバス代として使うか、選んでもらいます。

 その原資は、ベルマーク運動参加校がお買いものをすると自動的に生まれる購入額の10%の援助資金、各校からよせられた友愛援助の現金寄付、「被災地に」として送られてくる震災寄贈マーク、そしてウェブベルマーク運動で生み出された助成金です。ベルマークに携わる多くの方々の思いが被災校を支えています。2011年の震災発生以来、財団が支援した学校は、今年度分を含めてのべ2026校、支援総額は5億円を超えました。

 未曽有の規模だった東日本大震災ですが、その後も台風や大雨、地震など様々な災害が日本列島を襲っています。今後もベルマークは被災した学校を支援していきます。子どもたちが等しく笑顔で学べることを願って。


岩手県・小学校(30校)

 宮古市 鍬ヶ崎小、津軽石小、赤前小、重茂小、崎山小、田老第一小▽大船渡市 盛小、大船渡小、末崎小、赤崎小、猪川小、立根小、大船渡北小、綾里小、越喜来小▽陸前高田市 高田小、気仙小、広田小、小友小、米崎小、矢作小、竹駒小、横田小▽釜石市 釜石小、唐丹小、鵜住居小▽大槌町 大槌学園▽山田町 山田小、船越小▽岩泉町 小本小

岩手県・中学校(23校)

 宮古市 第一中、第二中、河南中、津軽石中、重茂中、田老第一中▽大船渡市 第一中、大船渡中、末崎中、赤崎中、綾里中▽陸前高田市 高田第一中、高田東中▽ 釜石市 釜石中、大平中、唐丹中、釜石東中▽大槌町 大槌学園、吉里吉里学園中学部▽山田町 山田中▽岩泉町 小本中▽田野畑村 田野畑中▽野田村 野田中

宮城県・小学校(12校)

 石巻市 釜小、大街道小、二俣小、鹿妻小、鮎川小▽気仙沼市 津谷小、中井小▽東松島市 鳴瀬桜華小▽丸森町 金山小▽大郷町 大郷小▽南三陸町 伊里前小、戸倉小

宮城県・中学校(31校)

 石巻市 石巻中、住吉中、門脇中、湊中、蛇田中、渡波中、山下中、万石浦中、青葉中、雄勝小・中、河南東中、桃生中、北上中、牡鹿中▽気仙沼市 気仙沼中、条南中、鹿折中、大島中、新月中、松岩中、階上中、面瀬中、唐桑中、大谷中、津谷中▽東松島市 矢本第一中、矢本第二中、鳴瀬未来中▽女川町 女川中▽南三陸町 志津川中、歌津中

福島県・小学校(25校)

 いわき市立豊間小/いわき市立永崎小/いわき市立久之浜第一小/いわき市立久之浜第二小/田村市立都路小/南相馬市立小高小・福浦小・金房小・鳩原小/広野町立広野小/楢葉町立楢葉南小・楢葉北小/富岡町立富岡第一小・富岡第二小(三春校・富岡校)/川内村立川内小/大熊町立大野小・熊町小/双葉町立双葉北小・双葉南小/浪江町立津島小/浪江町立なみえ創成小/葛尾村立葛尾小/飯舘村立いいたて希望の里学園

福島県・中学校(12校)

 いわき市立豊間中/川俣町立山木屋中/広野町立広野中/楢葉町立楢葉中/富岡町立富岡第一中/富岡町立富岡第二中/川内村立川内中/大熊町立大熊中/双葉町立双葉中/浪江町立なみえ創成中/葛尾村立葛尾中/飯舘村立いいたて希望の里学園

へき地・特別支援学校151校を支援


(2020/09/10)

 ベルマーク教育助成財団は2020年度の支援として、全国のへき地校・特別支援学校計151校に対し、学校で必要な設備品や教材などを贈りました。

 例年実施している院内学級と海外の日本人学校については現在、支援先を決める作業をしています。また、今年で10年目となる東日本大震災被災校支援、さらには7月に九州を襲った豪雨の被災校も支援します。これらについては後ほど、決まった時点で改めて報告します。

 へき地校支援はベルマーク運動の原点です。へき地の学校の設備充実を訴える声が朝日新聞に届き、それにこたえる形で1960年10月24日、「教育設備助成会」ができました。これが今のベルマーク財団です。

 今年度は100校に希望の備品・教材(25万円相当)と朝日ジュニア学習年鑑を贈りました。これまでに財団が支援した学校は、のべ3万4420校。東日本大震災があった直後の2011年度を除き、毎年必ず実施してきています。

 特別支援学校への支援は1985年から始めました。今年度は計51校が対象。内訳は養護学校20、盲学校14、ろう学校17。養護学校には希望の備品・教材を、盲学校には拡大読書器を、ろう学校には短焦点プロジェクターを贈りました。これまで支援した学校は、のべ996校になりました。

 支援の原資は、ベルマーク運動参加団体の日々の活動から生まれています。ベルマーク預金を使ったお買いものの10%が、自動的に財団に寄付される仕組みになっており、これが全額、支援金として使われます。

 そのほか、東日本大震災を契機に学校の防災力を高めようと宮城教育大が発足させた「311いのちを守る教育研修機構」、福島と水俣の中学生交流事業にも支援をしています。

 


 

国内のへき地学校・特別支援学校

北海道【へき地学校】帯広市 八千代中▽網走市 東小▽稚内市 稚内中央小▽根室市 歯舞学園前期課程、 光洋中▽富良野市 樹海中▽知内町 涌元小▽江差町 江差小▽島牧村 島牧中▽寿都町 寿都小▽中富良野町 旭中小▽遠別町 遠別小▽枝幸町 歌登中▽滝上町 滝上中▽大空町 東藻琴小▽日高町 富川小▽平取町 振内中▽音更町 西中音更小▽鹿追町 笹川小▽浜中町 霧多布中▽標茶町 虹別小【特別支援学校】札幌市北区 札幌聾学校▽函館市 函館聾学校▽小樽市 高等聾学校▽旭川市 旭川聾学校▽室蘭市 室蘭聾学校▽釧路市 釧路鶴野支援学校聴覚障がい教育部門▽帯広市 帯広聾学校

青森県【へき地学校】外ヶ浜町 三厩小▽大間町 奥戸小【特別支援学校】青森市 青森聾学校▽弘前市 弘前聾学校▽八戸市 八戸聾学校

岩手県【へき地学校】二戸市 浄法寺小▽葛巻町 小屋瀬中▽岩泉町 小川小【特別支援学校】盛岡市 盛岡聴覚支援学校▽一関市 一関清明支援学校聴覚障がい教育部門

宮城県【へき地学校】気仙沼市 中井小【特別支援学校】仙台市太白区 県立聴覚支援学校▽美里町 聴覚支援学校小牛田校

秋田県【へき地学校】男鹿市 男鹿北中【特別支援学校】秋田市 県立聴覚支援学校

山形県【へき地学校】大蔵村 大蔵小【特別支援学校】山形市 山形聾学校▽酒田市 酒田特別支援学校聴覚障がい教育部

福島県【へき地学校】川俣町 山木屋中▽三島町 三島小

茨城県【へき地学校】大子町 さはら小

栃木県【へき地学校】日光市 中宮祠中

群馬県【へき地学校】沼田市 利根中

千葉県【へき地学校】君津市 清和小

東京都【へき地学校】青ヶ島村 青ケ島小

神奈川県【特別支援学校】横浜市神奈川区 市立盲特別支援学校▽同中区 横浜訓盲学院▽相模原市中央区 相模原中央支援学校視覚障害教育部門▽同南区 相模原養護学校

新潟県【へき地学校】小千谷市 南小▽佐渡市 加茂小▽南魚沼市 中之島小【特別支援学校】新潟市中央区 新潟盲学校

富山県【へき地学校】南砺市 平中【特別支援学校】富山市 富山視覚総合支援学校▽高岡市 こまどり支援学校

石川県【へき地学校】輪島市 東陽中【特別支援学校】金沢市 県立盲学校▽珠洲市 七尾特別支援学校珠洲分校

福井県【へき地学校】池田町 池田小【特別支援学校】福井市 清水特別支援学校、県立盲学校

山梨県【へき地学校】小菅村 小菅中【特別支援学校】甲府市 富士見支援学校、県立盲学校

長野県【へき地学校】飯田市 和田小▽天龍村 天龍中【特別支援学校】長野市 長野盲学校▽松本市 松本盲学校

岐阜県【へき地学校】高山市 荘川小【特別支援学校】岐阜市 岐阜盲学校▽大垣市 西濃高等特別支援学校

静岡県【へき地学校】南伊豆町 南中小【特別支援学校】静岡市駿河区 静岡視覚特別支援学校▽浜松市中区 浜松視覚特別支援学校▽沼津市 沼津視覚特別支援学校

愛知県【へき地学校】設楽町 設楽中

三重県【へき地学校】松阪市 香肌小▽大紀町 大紀中

滋賀県【へき地学校】甲賀市 朝宮小【特別支援学校】彦根市 鳥居本養護学校

京都府【へき地学校】宇治市 笠取小【特別支援学校】亀岡市 丹波支援学校亀岡分校

大阪府【特別支援学校】高槻市 高槻支援学校

兵庫県【へき地学校】宍粟市 一宮北小

奈良県【へき地学校】上北山村 上北山やまゆり学園【特別支援学校】奈良市 奈良養護学校

和歌山県【へき地学校】田辺市 咲楽小▽日高川町 川原河小【特別支援学校】新宮市 みくまの支援学校

鳥取県【へき地学校】南部町 会見第二小【特別支援学校】米子市 皆生養護学校

島根県【へき地学校】安来市 山佐小▽邑南町 矢上小【特別支援学校】出雲市 出雲養護学校

岡山県【へき地学校】笠岡市 北木小▽真庭市 湯原小【特別支援学校】倉敷市 倉敷琴浦高等支援学校

広島県【へき地学校】北広島町 豊平小▽神石高原町 三和小【特別支援学校】福山市 福山特別支援学校

山口県【へき地学校】萩市 小川小

徳島県【へき地学校】阿南市 椿泊小▽三好市 西祖谷中

香川県【へき地学校】高松市 男木中

愛媛県【へき地学校】西予市 城川小▽久万高原町 面河小

高知県【へき地学校】馬路村 魚梁瀬小▽津野町 中央小▽大月町 大月小

福岡県【へき地学校】福岡市西区 小呂中【特別支援学校】古賀市 古賀特別支援学校

佐賀県【へき地学校】佐賀市 北山中

長崎県【へき地学校】長崎市 池島中▽佐世保市 相浦小高島分校▽五島市 奈留小▽西海市 江島中▽小値賀町 小値賀中【特別支援学校】壱岐市 虹の原特別支援学校壱岐分校高等部

熊本県【へき地学校】上天草市 龍ヶ岳小▽多良木町 黒肥地小柳野分校【特別支援学校】宇城市 松橋西支援学校

大分県【へき地学校】日田市 小野小▽佐伯市 直川中【特別支援学校】大分市 大分支援学校

宮崎県【へき地学校】延岡市 三川内小

鹿児島県【へき地学校】鹿屋市 高隈小▽西之表市 種子島中▽薩摩川内市 上手小、藺牟田小▽霧島市 万膳小、中津川小▽志布志市 野神小、山重小▽奄美市 朝日中▽湧水町 幸田小▽錦江町 田代中【特別支援学校】中種子町 中種子養護学校

沖縄県【へき地学校】石垣市 八島小、石垣第二中▽宮古島市 北小、下地中▽東村 有銘小

 

 

ベルマーク商品

セメダイン工作用C

ベルマーク検収

今週の作業日:5/10~5/14
2/24までの受付分を作業中

PAGE TOP