ホーム » 5月25日(水) 山口

5月25日(水) 山口

山口県周南市立富田東小学校

野村 恵子さん(2010、11年度PTA施設部長)
5月25日 山口 周南市立富田東小学校
 富田東小学校は、今年で創立58年目になる周南市で一番大きな小学校です。児童数約700人のマンモス校です。ベルマーク運動に参加して50年目になり、一昨年600万点を突破し、昨年度は約10万4000点を集め、県内13位、周南市ではトップでした。累計点数は約618万点で県内4位です。 毎月、担任の先生にベルマーク袋を子どもたちに渡してもらい、回収します。毎週火曜日に親善委員会の6年生が番号ごとに仕分けしています。授業の間や昼休みに8人ほどの子どもたちが仕分けしてくれるので本当に助かっています。 保護者の作業は各学年の日を設けて、6、10、2月に行いました。年間を通じて1人1回出席するスタイルです。昨年度は88.8%の出席率でした。リピーターやベルマークが好きで飛び入り参加される方も多いです。なかには飛び入りで参加してくださる先生もおられ、作業会場が大変盛り上がりました。 昨年度は参加率をアップするために色々考えました。ここ数年は参加率が低迷し、作業時間が長くなり、参加者の負担が大きくなっていました。これまでは欠席者を見込んで作業用のいす、テーブルは70%セットでしたが、全員分並べると、リラックスして、のんびりママ友だち同士で作業できるのもあって、どんどん参加者が増えていきました。赤ちゃんを抱っこした方や小さなお子さん連れの参加者も多くなりました。 また、仕事でなかなか休みが取れないという声を聞いて、代理でもOKにしましたら、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さんの参加も増えていって、色んな方々が参加してくださるようになり、7回の作業日が6回で終わりました。 仕分け・集計では点数別に10枚のマークをテープで留め、10束セットで計算しています。1年生のお母さんのアイデアで、10束を輪ゴムでセットすると、作業が大変スムーズになりました。輪ゴムは安いですし、お勧めのグッズです。 作業はママ友だちがおしゃべりできるチャンスの場なので、広いスペースがお勧めです。ほとんどが女性なので、広いスペースなら男性もリラックスできるし、おじいちゃん、おばあちゃんも作業がしやすいです。仕事をされている方には、参加できる時間だけで帰ってもらい、早く来た人にはその分早く帰ってもOKにしています。 1年生の保護者は初めて作業する方が多いので、ベテランの他の学年の方に1年生の作業日に来ていただくようベルマークだよりでお願いしました。 また、ベルマーク部は、できれば前年活動したうち1人に残ってもらうのが、お勧めです。内容がとても深いので、部長も継続してやると、前年度のキャリアからコツがつかめますし、スムーズにできます。分からないことがあれば、前部長に聞いたり、ベルマーク手帳を参考にしたり、財団に電話したりするとよいでしょう。メンバーで作業後にランチに行くのも、親睦が深まり、楽しく作業できるキーポイントになります。
  
=5月25日、セントコア山口で

(2011/05/30)

     あなたの愛が鳴り響きます。
            ベルマークから、ありがとう。

ベルマーク教育助成財団 tel:03-5148-7255