ホーム » ニュース » 東日本大震災関連ニュース » 神奈川中心に展開するユーコープが寄贈マーク

神奈川中心に展開するユーコープが寄贈マーク

大震災支援に

 神奈川県を中心に約140店舗を展開する生活協同組合連合会ユーコープ事業連合(横浜市港北区新横浜)の代表2人が2月23日、東京・銀座の財団事務所を訪れ、店舗に設置したベルマーク回収箱で集められた2万7967点分のマークを寄贈しました。東日本大震災の被災校支援に役立ててほしいとしています。

ベルマークを寄贈する岩橋尚美さん(右)と受け取る宮田謙一常務理事
 訪れたのは店舗業務企画課レジ・カウンター企画担当の岩橋尚美さんと広報課課長の三枝みさ子さん。それに、マーク収集活動を推進しているキリンビバレッジ首都圏地区本部横浜支社流通担当課長の齊藤大樹さん、同本部営業企画部量販企画担当主任の藤森美沙さんの2人。
 ユーコープ事業連合は神奈川、静岡、山梨の3県に展開していて、約40万人に配達もしています。
 この日寄贈されたマークは140店舗のうち、日ごろ、小学校などにプレゼントすることが少ない約30店舗が一昨年11月から昨年2月にかけて集めたものです。店舗ごとに仕分け、集計が行われています。長後駅前店の5767.7点を最高に、平均は598点です。岩橋さんから、財団の宮田謙一常務理事にそれぞれ店舗ごとに分けられたマーク入りの茶封筒が手渡されました。三枝さんによると、現在収集中のマークについても、仕分け集計された段階で寄贈したい、とのことでした。

≪写真≫ベルマークを寄贈する岩橋尚美さん(右)と受け取る宮田謙一常務理事

(2012/02/23)

     あなたの愛が鳴り響きます。
            ベルマークから、ありがとう。

ベルマーク教育助成財団 tel:03-5148-7255