日本で、そして世界でも/テトラパックのリサイクル活動


(2022/05/26)印刷する

 日本テトラパック(ベルマーク番号17)のベルマーク運動は、同社製の紙パックを回収センターに送ると、重量に応じて点数が付与される方式です。まずはその概要を動画でご紹介します。1分30秒と短くまとめられていますので、ぜひ一度ご覧ください。

 同社製の紙パックには「アルミなし紙パック」と「アルミ付き紙パック」があり、「アルミ付き」は、点数が「アルミなし」の2倍になります。

 紙パックを開いたときに、内側が白いものは「アルミなし紙パック」、内側が銀色なのが「アルミ付き紙パック」です。「アルミ付き」のベルマーク点数を2倍にしているのは、こうした製品もリサイクルが可能ということを、より多くの皆様に知っていただくため、またより多く集めていただくためです。

 テトラパックは1951年にスウェーデンで創業した食品容器の国際企業です。世界各国でもテトラパックは紙パックの回収・リサイクルに取り組んでいます。以下のスライドでは、特に各国の子どもたちが積極的に取り組んでいる事例が紹介されています。

 日本テトラパックは1962年創業。2011年からベルマーク運動に参加し、使用済み容器のリサイクルに努めてきました。「世界の仲間たちとともに、日本でもテトラパックのベルマーク運動に参加していただきたいです」と同社は呼びかけています。持続可能な社会の実現に向け、これからも同社は積極的に社会貢献活動及び環境活動を展開していくことにしています。

 新年度の活動をスタートするための説明資料や、専用回収箱の請求シートなどのダウンロードはhttp://www.eco-kami.jp/bellmark/data.htmlからどうぞ。

 ご不明な点はテトラパックのベルマーク運動のホームページ(http://www.eco-kami.jp/bellmark/)をご覧いただくか、日本テトラパックのベルマーク運動 受付センター(0545-30-6690、平日10:00~16:00)までお尋ねください。

バーチャル説明会2022へもどる

ベルマーク商品

乳酸菌LS1

ベルマーク検収

今週の作業日:6/27~7/1
4/5までの受付分を作業中

PAGE TOP