豊橋でベルマークイベント


(2018/01/17)印刷する

協賛会社13社がグッズを提供

 市を挙げてベルマークを収集している愛知県豊橋市で昨年11月5日、ベルマークイベントが開かれました。10月に予定いていた恒例の豊橋まつりに出展予定でしたが、台風のために中止となり、ベルマークブースだけを延期して実施しました。昨年は1日で14601.1点が集まっただけに、期待が集まりました。

 

県外からも多くの人が訪れる「こども未来館ココニコ」
ジブラルタ生命のスタッフがクイズをお手伝い

 

 マークを持ってきた人には、豊橋市のキャラクター・トヨッキーやベルマークグッズが貰えるほか、クイズに答えるとベルマークの協賛会社から提供されたグッズがプレゼントされました。市の取り組みを応援しようと、スミフルジャパンから台風の日も合わせて600房ものバナナが贈られたのをはじめ、湖池屋やファミリーマートからも多くの提供品があり、グッズを提供した協賛会社はジブラルタ生命保険、岩塚製菓、マルニ、セメダイン、ブルボン、クレハ、ショウワノート、NGP、ラッキーベル、グリーンスタンプと合計13社に上りました。大勢の子どもたちがクイズに参加し、用意していた250枚では足りなくなり、増し刷りしたほどでした。

 ベルマークが付いている商品や市内でカートリッジ収集に協力している企業の紹介、特別支援学校での仕分けの様子の展示もありました。

 

インクカートリッジは市内の企業にも協力を依頼
お家にあるマークを持ってきてくれました
「こんなに沢山の商品にベルマークが付いているんですね」

 静岡県磐田市から月2~3回、娘を連れて遊びに来ているという父親は「色々な展示があり、にぎやかで大人も楽しめました。ベルマークは奥が深い活動ですね」と支援の仕組みに感心した様子でした。小学2年生のお嬢ちゃんも「クイズが面白かった。学校でベルマーク集めてるよ」と嬉しそうです。

 

豊橋市とジブラルタ生命豊橋第二営業所ボランティアの皆さん
ココニコの受付にはマーク回収箱が常設されている

 ジブラルタ生命保険の豊橋第二営業所の皆さんはボランティアとして参加しました。水谷由華さんは「お客様の中にもマークを集めている方が大勢いらっしゃり、学校に届けてねと預けていただく事も度々あります」と言います。市が集めたマークを整理している「くすのき特別支援学校」も担当していて、仕分けの様子もよく知っているそうです。

 市教育政策課の倉光陽子さんは「延期になったため、マークを持参していない方も多くいましたが、これまでベルマークをご存知なかった方に知っていただく良いきっかけになりました」と手ごたえを感じた様子で、多数の協賛会社の協力にも「大変感謝しています」と話しました。

 市は昨年4月から1000万点を目標にベルマーク収集を進めています。昨年に続き会場を提供した「こども未来館ココニコ」の井口健二館長は、「活動を定着させるためには、今回のようなイベントを継続することが大切だと思います」といいます。

 


 

会場の様子を動画でもご覧いただけます

 

「とよはしNOW」2017.11.07

ベルマーク商品

「クノール® Soup Do®」ふかひれスープ用

ベルマーク検収

今週の作業日:12/10~12/14
10/30までの到着分を作業中

月別記録BOX

PAGE TOP