豊橋市のベルマーク大使が小林あゆみさんに交代


(2023/06/06)印刷する

 1000万点を集めようと、「ベルマーク日本一!プロジェクト」に取り組んでいる愛知県豊橋市。財団が「ベルマーク大使」の就任をお願いしている同市の教育委員会教育政策課のベルマーク担当が交代しました。前任の室井さとみさんからバトンを託されたのは、小林あゆみさんです。

 小林さんは、生まれも育ちも豊橋市。市役所に就職した2年前から、教育政策課に勤めています。今年4月の担当者交代で、市のベルマーク運動に携わることになりました。「これまでの大使の方々と比べると、経験はまだ多くありませんが、精一杯取り組みます」と話す小林さんですが、実は高校時代には自ら進んで「ベルマーク委員会」に所属。真夏の暑い教室で、ベルマーク仕分けに熱心に取り組んだことが印象に残っているそうです。集めたベルマークで、運動会のためにテントを買ったことも覚えていると話してくれました。


 豊橋市がプロジェクトを進めるのに、大切な役割を担っているのが『豊橋まつり』でのベルマークブースです。コロナ禍で中止が続いていたお祭りですが、昨年10月、3年ぶりに開催。恒例のベルマークブースを設けることができました。市役所1階のブースで、ベルマークやインクカートリッジを回収しましたが、来場者からは「もっと早くベルマークのブース出展を知っていたら、持ってこれたのに」との声もあったそうです。「たくさんの市民にベルマーク運動を知ってもらうためにも、今年は広報誌やパンフレットでの事前PRを増やします」と小林さん。新大使の活躍で、ベルマークブースはますますにぎやかになりそうです。

ベルマーク商品

ポテトチップス

ベルマーク検収

今週の作業日:6/24~6/28
3/12までの受付分を作業中