イオンリテール南関東カンパニーが福島の高校に35万点寄贈/キリンビバレッジが協力


(2021/08/18)印刷する

 イオンリテール南関東カンパニー(浜口好博支社長)は、協賛会社キリンビバレッジ(ベルマーク番号54)の協力を得て、ベルマーク約35万点を福島県立小高産業技術高校(金田洋一郎校長)に寄贈しました。

小高産業技術高校の贈呈式会場。中央スーツ姿が金田洋一郎校長

 東京・神奈川・千葉の「イオン」「イオンスタイル」65店舗で収集活動を展開し、集めたベルマークです。イオンでは2012年度から「イオン 心をつなぐプロジェクト」と題して東日本大震災復興支援に取り組んでおり、これまでに30万本の植樹活動やボランティア派遣などを実施してきました。今回の寄贈もその一環です。

 福島県南相馬市にある小高産業技術高校で7月15日、贈呈式が開かれました。コロナ禍に配慮し、横浜市にあるイオンリテール南関東カンパニーの事務所とオンラインで結んでの実施です。同校はこのベルマークで大型扇風機(ビッグファン)2台を協力会社のミズから購入しており、贈呈式で実物が披露されました。そして生徒会長の齊藤芽衣さん(3年)が「全生徒が使えるビッグファンを選びました。体育館で使用し、イベント時の体調管理に活用します。ありがとうございました」とお礼の言葉を述べました。

イオンリテール南関東カンパニー事務所。左から宮原裕行・人事総務部長、学校から送られた感謝状を持つ同室井英男・食品部長、キリンビバレッジ広域流通営業部の長岡靖宏・担当部長

お礼の言葉を述べる齊藤芽衣・生徒会長


ベルマーク商品

ラピーテープ 18×8m

ベルマーク検収

今週の作業日:9/13~9/17
7/16までの受付分を作業中

PAGE TOP