あいおいニッセイ同和損保関連会社  ベルマークバッジ作ってマーク収集へ


(2014/07/25)印刷する

 ベルマーク運動の協賛会社であるあいおいニッセイ同和損保の関連会社・あいおいNDIサポートBOX(本店・東京都渋谷区恵比寿)が自らベルマークバッジを作って顧客を回り、マーク収集を呼びかけてくれることになりました。中島達朗社長が7月22日、ベルマーク財団事務所を訪れて説明しました。

あいおいNDIサポートBOXの中島達朗社長

 同社は損害保険や生命保険の代理店事業を全国で展開しているほか、保険代理店の指導や提携、いろいろなリスク対策などを扱っています。顧客は個人10万人と1万法人だそうです。

 胸につけるベルマークバッジを発注して作り、約300人の従業員全員につけてもらって、マーク集めを顧客に働きかけたい、としています。

 「ふだんの買いものなかでマークを集める無理のない運動ですし、ひとのためにも役立つ活動ですから、積極的に集めたい」と中島社長は話していました。

(参考)ベルマーク財団製作のバッジ

 あいおいニッセイ同和損保は、グループをあげてマーク収集に取り組んでいます。年間200万点以上をベルマーク財団に寄贈し、東日本大震災で被災した子どもたちへの支援に貢献しています。

ベルマーク商品

スーパーX

ベルマーク検収

今週の作業日:5/16~5/20
3/11までの受付分を作業中

PAGE TOP