今年度有効なベルマークについて


(2021/07/01)印刷する

 ベルマークの中には、番号を統合したものや、有効期限が定められたものがあります。一覧表に載っていなくても有効なものがある一方、まもなく有効期限が切れてしまうものもあります。お手元のベルマークをご確認いただき、期限のあるものは早急に財団にお送りください。

 ●46番は有効(04番と合算)

 日本水産のベルマークは2018年4月から、04番に統合されました。

 これまでは、魚肉ソーセージなどが04番、焼きおにぎりなどの冷凍食品が46番と、1社で2つの番号を使っていましたが、これを一つにしました。

 46番のマークは今後も有効です。04番と一緒に集計し、整理袋に入れてお送りください。

 ●20番は有効(21番と合算)

 スリーエムジャパンのベルマークは2019年4月から、21番に統合されました。

 今まで、スポインジなどのクリーニング用品が20番、接着剤や粘着フックが21番と、1社で2つの番号を使っていました。これを一つにしました。

 20番のマークは今後も有効です。21番と一緒に集計し、整理袋に入れてお送りください。

 ●16番と23番は2021年9月末到着分まで有効

 16番の岩塚製菓と、23番のファミリーマートは、2021年3月末で協賛会社を脱退しました。この2社のベルマークは、2021年9月末までに財団に到着した分が有効です。

 ●30番と66番は2021年12月末到着分まで有効

 30番のクラレトレーディングと、66番のBRITA Japanも、2021年3月末で脱退しました。この2社については、2021年12月末までに財団に到着したベルマークが有効です。岩塚製菓、ファミリーマートとは期限が異なりますのでご注意ください。

 ※脱退した会社のベルマーク(16番・23番・30番・66番)のみを急ぎお送りいただく場合は、送り状とマークを一緒に同封しても構いません。

ベルマーク一覧表(表面)

ベルマーク一覧表(裏面)

脱退した会社一覧

ベルマーク商品

ユニトーン02(サイドファスナータイプ)

ベルマーク検収

今週の作業日:7/26~7/30
5/18までの受付分を作業中

PAGE TOP