「次はグランドピアノを」2020年度佳作・芦屋市立山手小学校


(2021/11/15)印刷する

 兵庫県のJR芦屋駅から北へ歩き、阪急の線路を越え、住宅街の急坂を登った先に、芦屋市立山手小学校(俵原正仁校長、児童655人)はありました。訪れたのは2021年11月。裏手の六甲山系では、うっすらと紅葉が始まっていました。

 山手小は昨年度のベルマーク便りコンクールの佳作校です。最初に取材の予定を入れたのが今年1月。でも新型コロナの緊急事態宣言が出て延期になりました。その後も予定日が近付くたびに感染が拡大し、3月、7月、8月と延期を繰り返すことに。そして、全国的に感染が下火になった11月に「5度目の正直」として、ようやく取材が実現しました。

 受賞した2020年度にPTA役員だった方々が集まってくれました。コロナ禍が広がっていった時期でしたが、当時会長だった小野奈苗さんは「色々な活動をカットしたけれど、その中でもベルマークは大切な活動なので、継続しました」と話してくれました。

 お便りには、ベルマークでミシンを買ったことが報告されていました。「ミシンGET★大作戦」と称して収集活動を展開。6台を新たに購入したそう。「新しく買ったミシンは、子どもたちの間でも取り合いになっています」と家庭科の村岡宏美先生。保護者にとっても、普段のベルマーク活動がどう実を結んだのかがはっきり伝わるという効果があったようです。

 ミシンの次は、なんとグランドピアノに目標を定めました。今あるピアノはとても古く、音楽の中島志委菜先生は「毎年調律して使っているので大変」といいます。そこで、「夢のバトンをつなげよう」を合言葉に200万点を目指すと宣言。いまも活動中です。校舎1階には子どもたちが家から持ってきたベルマークを入れるベルマークポケットが設置されていますが、そこに「みらいのおともだちへ」と題したポスターが掲示されていました。

 長い道のりが予想されますが、俵原校長は「みなさんの力を借りて実現したい。そのとき私が生きているかどうかわからんけど(笑)」。とてもノリのいい俵原校長は、着ているジャケットをパッと広げ裏地を見せるパフォーマンスを披露します。その裏地がなんとプロ野球阪神タイガースのユニホーム柄。PTAのみなさんも「初めて見た~」などとびっくり。大いに盛り上がりました。このように、みなさんとっても明るくて、温かい雰囲気の学校です。

左から秋本孝幸教頭、俵原正仁校長、家庭科の村岡宏美先生
校長のジャケットの裏地は……

グランドピアノが目標
ベルマークポケット

 2020年度の副会長だった髙橋早乃さんはベルマークについて「PTAにあまり関心のない人でも参加している気持ちになれる。続けていくことに意味がある」と、その効用を語ってくれました。庶務の眞竹淳子さんは「コロナ禍でなかなか学校に来られない中、ベルマークを保護者にアピールすることで、保護者とつながるきっかけになった」と話します。

 会計だった長田知子さんはウェブベルマークをよく利用するそう。「ランキングを確認するのが楽しみ」。山手小はミシン大作戦のために呼びかけたのが功を奏したようで、2021年3月末時点で参加(自動加算先指定)人数が175人で近畿地方トップ、全国でも8位でした。またウェブベルマーク協会のPRコンテストで2019年度の最優秀賞も受賞しています。

 現在PTA会長の上月弥生さんは、昨年度の庶務から続けて役員を務めています。「ベルマークに関わって、こんなに夢のある活動だと初めて知りました」。子どもたちがこれからもミシンを使い続け、さらに未来にはグランドピアノ……。今の人と人をつなげるヨコ方向に加え、時間を超えたタテの繋がりも生まれていく。「タテもヨコも広がる運動ですね」と話してくれました。

前列左から長田知子さん、小野奈苗さん、眞竹淳子さん、後列左から上月弥生さん、髙橋早乃さん

 取材時に案内された教室の机は、手作りのボードや松ぼっくり、どんぐりなどで飾られていました。ボードにはベルマーク収集時に保護者から寄せられた役員への感謝メッセージが貼られており、その脇でベルマークファミリーのぬいぐるみが「ようこそ」と迎えてくれました。副会長でベルマークを担当し、お便りも作成していた澁谷祐規子さんの手作りです。この日は残念ながらお会いできませんでしたが、後で「子どもたちのためと思った活動が、出会いや貴重な経験を通して自分自身に繋がっていた」という内容のお手紙をいただきました。ありがとうございました。

 その机で、子どもたちと同じ給食をごちそうになりました。芦屋市は学校給食に力を入れており、「おいしい給食」として全国的にも有名です。この日のメニューは朝焼いたパンに魚のチーズ焼き、野菜のピクルス、ワンタンスープ。これが子ども向け?と思うくらい本格的な味付けでおいしかったです。芦屋市は市制施行80周年記念事業として映画「あしやのきゅうしょく」を製作。2022年春から公開予定です。そのロケ地には山手小も使われ、俵原校長も出演しているそうです。

 給食をいただいた教室は校舎3階にあり、ベランダがあったので出てみました。秋のさわやかな日差しのもと、大阪のあべのハルカスから神戸港までが一同に見渡せました。

ベルマーク商品

活ちくわ

ベルマーク検収

今週の作業日:11/29~12/3
10/27までの受付分を作業中

PAGE TOP