島根・邑南町立矢上小から感謝メッセージ


(2020/12/17)印刷する

 子どもたちが逆上がり練習器を使って元気に鉄棒の練習をしている写真がベルマーク財団に届きました。今年度財団が支援したへき地学校、島根県邑南町立矢上小学校(松川成治校長、142人)からの感謝メッセージです。

 今回の支援で同校は他にもデジタルカメラや卓上マイクスタンドなどを購入しましたが、「使っている姿が分かりやすいから」と、これらの写真を選んだそうで、子どもたちの生き生きとした様子が伝わってきました。

 松川校長によると、同校の授業は「ふるさと学習」を取り入れているのが特色です。「地域の自然や産業を活用しての授業です。米作りやお年寄りとの交流をしています」

 学校のある邑南町は島根県中部の山あいに位置しています。松川校長に町のアピールポイントをたずねると「ここでしか食べられない、おいしい野菜やお肉がある」そうです。町の観光協会のホームページでも「A級グルメ」と紹介されています。農家や業者が小規模のため、「町の食材は東京では食べられないんです」と教えてくれました。

 町から最も近い鉄道駅は、車で1時間かけて、日本海まで出たところにあるJR江津駅。かつては島根県広津市と広島県三次市を結ぶJR三江線が町の東端を通っていたのですが、2019年4月に廃線になり、「駅が遠くなってしまった」と松川校長。生活には車が欠かせないそうです。

ベルマーク商品

スーパーXハイパーワイド

ベルマーク検収

今週の作業日:1/30~2/3
12/16までの受付分を作業中

PAGE TOP