熊本で運動説明会、寄贈マーク贈呈も(2)


(2016/10/28)印刷する

 協賛会社のキリンビバレッジ(ベルマーク番号54)が、熊本地震の被災校支援にベルマーク3万6071点をベルマーク財団に寄贈しました。ベルマーク運動の熊本説明会が10月20日に開かれたのに合わせ、贈呈式が熊本市民会館会議室であり、澤村勝史・九州地区本部長が「グループを挙げて取り組みました」と趣旨を説明し、目録を財団の西村隆次ベルマーク新聞編集長に手渡しました。財団の熊本支援に組み込まれ、活用されます。

 同社の九州地区本部は、地震発災前の3月中旬から、同社製品「生茶」の消費者を対象としてマーク集めのキャンペーンを実施していました。熊本地震の発生後には、本部内やグループ企業の従業員たちの社内コンテストも追加実施し、グループ一丸となって被災校支援のためのマーク集めに取り組みました。

 当初のキャンペーンが東日本大震災の被災校支援だったため、集まったマークの半分を熊本地震支援として寄贈することにしました。

ベルマーク商品

エンリッチ塩450g

ベルマーク検収

今週の作業日:11/29~12/3
10/27までの受付分を作業中

PAGE TOP