ホーム » ニュース » 財団から » 2013年

2013年

キヤノングループが46万円余を寄付

 協賛会社のキヤノンマーケティングジャパンとグループ3社が3月19日、46万8100円をベルマーク財団に寄付しました。この1年《写真》目録を手渡す阪田斉弘本部長(右)。左は財団の宮田謙一常務理事間、4社の社内と多数の事業所、従業員の家庭から集めたインク・トナーカートリッジをベルマークポイントに換算した金額です。寄付金は財団のへき地校や特別支援学校支援、海外援助に使われます。
 同社の阪田斉弘CSR推進本部長、岡崎哲人インクジェットマーケティング部長、谷博史商品環境推進グループチーフが来訪され、阪田本部長が財団の宮田謙一常務理事に目録を手渡しました。
 阪田さんは「教育支援と資源の再利用のため、カートリッジ回収に力をいれています。ベルマークによる回収が全体の6割になるほどに育ち、回収率も前年より1割上がっています」と話しています。
 キヤノンは05年にベルマーク運動に参加し、プリンターの使用済みカートリッジにベルマーク点数をつけています。カートリッジを集めたPTAに支払う市場調査費が昨年、1億円を突破しました。カートリッジ回収が、点数の上積みに有効だとPTAに浸透しつつあることがうかがえます。寄付していただいたのは同社とキヤノンソフトウェア、キヤノンITソリューションズ、キヤノンカスタマーサポートの計4社です。

《写真》目録を手渡す阪田斉弘本部長(右)。左は財団の宮田謙一常務理事

(2013/03/19)

協賛会社・協力会社懇談会を開催

1億円突破の2社を表彰

1億円突破のキヤノンマーケティングジャパン(右から阪田斉弘さん、西尾元雄さん) 2013年度のベルマーク運動の協賛会社・協力会社懇談会が3月14日、都内のホテルであり、新年度の事業計画やベルマーク運動の現状を財団事務局が説明同じくキリンビバレッジ(左から谷義章さん、田坂武志さん)し、意見を交換しました。
 懇談会には協賛会社43社から76人、協力会社12社から23人が出席しました。財団の銭谷眞美理事長が「皆さま方の社会貢献の高い志のおかげで、前年を上回る支援活動ができています」と感謝のあいさつ。青柳正悟事務局長が財団の事業計画を説明しました。その中で、被災地支援のため、財団に計1億円もの寄付をいただくキユーピーと、協力銀行として2万8千の預金口座を管理し、手数料を無償にするなど、財団運営を支える三井住友信託銀行に対し、改めてお礼を申し上げました。
 また、市場調査費が1億円を超えたキヤノンマーケティングジャパンとキリンビバレッジの2社に感謝状と記念品を贈りました。1億円突破は、キヤノンが44社目、キリンが45社目。キヤノンは05年に協賛会社となり、キリンは08年の参加です。キヤノンマーケティングジャパンのCSR推進本部長・阪田斉弘さんとCSR企画推進部長・西尾元雄さん、キリンビバレッジの取締役マーケティング本部長・谷義章さん、同本部メディアSP室部長代理・田坂武志さんに、感謝状と記念品の七宝焼きが贈られました。

第二部では立食形式で懇談しました


《写真上から》
・1億円突破のキヤノンマーケティングジャパン(右から阪田斉弘さん、西尾元雄さん)
・同じくキリンビバレッジ(左から谷義章さん、田坂武志さん)
・第二部では立食形式で懇談しました

(2013/03/14)

財団理事会が事業計画を承認

被災地支援は重点的、柔軟に

 ベルマーク財団の公益財団法人としての第6回理事会が3月7日、東京・築地の財団事務所で開かれ、2013年度の事業計画と収支理事会風景予算など3議案を原案通り承認しました。
 被災地支援では、①被災の度合いが大きく、復興が遅れている地域を重点にする ②一律支援から必要度に応じた柔軟な支援にする ③バス代の支援を宮城・岩手両県で実施する、の3点を基本方針と確認しました。
 大震災関係の支援事業は、支援の継続性を重視し、前年度の9000万円から6500万円の規模に縮小します。また、被災地に木を贈る「緑のバトン運動」にも協力します。
 へき地校、特別支援学校、海外日本人学校などを応援する従来の事業は、できるだけ震災前の水準に近づくよう配慮します。へき地校支援では、あらたな理科実験教室や美術教室の開催を検討しています。
 財団運営では、「運動再生5カ年計画」にそって、事業の効率化とスリム化を進めて財務体質を強化します。被災地支援がどのように行われ、現地で活用されているか、より積極的な報告をめざして広報態勢を強化します。

≪写真≫パワーポイントで13年度の事業計画を説明=東京・築地のベルマーク財団

(2013/03/14)

ベルマーク預金で苗木を買えます

被災地に木を贈る「緑のバトン運動」始まる 子どもたちに学校で苗木を育ててもらい、東日本大震災の被災地に贈って植樹する「緑のバトン運動」が3月1日にスタートしました。 主催は国土緑化推進機構と朝日新聞�

Showing 1 - 4 of 4 Articles

< 戻る 1 次へ >
 

Archives

     あなたの愛が鳴り響きます。
            ベルマークから、ありがとう。

ベルマーク教育助成財団 tel:03-5148-7255