社会貢献活動の調査で財団を訪問


(2018/02/13)印刷する

東京都中野区立中野中学校の2年生11人

 東京都中野区立中野中学校(矢口仁校長)の2年生11人が2月9日、財団を訪れました。「総合的な学習」として、社会貢献活動とは何かを聞き取り調査する目的です。午前と午後に分かれ、事前に考えてきた質問を投げかけました。

 

午前の部の生徒たち

 午前の部は、石井友唯さん、上野登也くん、國本愛海さん、小林大晟くん、田中匠くん、山口詩織さんの6人。広報部員が「さあ、だれから始める?」と促すと、最初はおどおどしていた生徒たちも、思い切って次々と質問しました。

検収の説明を受ける

 「運動が始まったきっかけは?」「築地に財団がある理由は?」「財団には何人いて、どんな1日方を過ごしている?」「製品にマークのある会社は増えている?」「点数が色々あるのは何故?」「年間に何点集まる?」「買い物できる中で一番高いものは?」「やどかりのキャラクターができたわけは?」……。

 広報部員4人が代わる代わる答えました。

 午後の部は、井口朋美さん、井澤晃一くん、竹内優光くん、中沢美鈴さん、横山大空くんの5人。彼らも色んな質問を用意していました。

 「個人ではできない理由は?」「ベルマークはお金ではないのになぜ支援できる?」「運動の今の課題は?」「やっていてよかったと思うことは?」「どんな役に立っている?」「どんな経路でマークは集まるのか?」「仕事上、普段心がけていることは?」「この仕事をやっていて自身が変わった点は」……。

 

 生徒たちは質問の後、ベルマーク運動が始まるきっかけから現在の様子をまとめたDVDを見て、パワーポイントで運動の参加団体数の推移やマークの集票点数、支援の現状を聞きました。パソコン画面の前で、検収作業の詳しい説明を受け、全国からベルマークが届く倉庫も見学しました。

証票倉庫で説明を受ける

 「いま、何点くらいのマークが倉庫にあると思いますか」と問われて「4億」「1億」「5千万」「300万」「50万」といろいろな答えが出ましたが、この日の正解は4千400万点でした。年度末にはこれが1億数千万点にもなります。

 社会貢献については、広報部員から逆に、「企業はお金もうけをするところなのにベルマーク運動に参加すると、お金が出ていきます。なぜ、そんなことをすると思う?」と質問されました。午前の部では「マークがあるとみんなが買ってくれるし、ベルマークをやっているということで会社の評価も高まるから」、午後の部でも「広告にもなるから」と、それぞれ考えた答えが返ってきました。答えをもとに、企業の社会貢献について補足説明がありました。

 

午後の部の生徒たち

 中野中学校の生徒に対して広報部員が回答した概略は以下の通りです。

 へき地の劣悪な教育環境を改善することが運動のきっかけです。築地という場所に特別な意味はありませんが、新聞社に近いのは連携するのに便利ではあります。以前は銀座にありました。財団には約30人の職員が原則、午前9時から午後5時まで働いており、広報部はPTAなどからの問い合わせ電話に出たり、取材に行ったり、原稿を書いたりしています。

 協賛会社は増えたり、減ったりしています。マークはおおよそ100円につき1点。品物の値段によって点数が変わります。現在の年間のマークの集まり具合は約5億点です。カタログにはありませんが、もっとも高いお買い物対象商品は組み立て式のプールで、300万円くらいです。まだ買った学校はないようです。

 ヤドカリのマークは2010年に、ベルマーク財団の50周年記念に作りました。殻とベルの形が似ているから、と聞いています。殻の中にマークをためています。

 学校の教育設備の助成が目的なので個人では加入できません。マーク1点が1円として協賛会社からベルマーク預金にお金が振り込まれる仕組みです。

 景気の影響でどうしても協賛会社が増えない側面がある一方で、リサイクル型の協賛会社が新たに加わるといった動きもあります。

 「やりがい」を感じるのは、支援を受けた学校から感謝状が届いたり、お礼を言われたりすること。学校の備品を充実でき、人の役に立てることがうれしい。

 マークの集まる仕組みは、PTAや児童・生徒さんたちが各家庭で集めて、学校単位で仕分けして財団に送られてきます。

 仕事で心がけていることは、周囲とコミュニケーションをとり、情報共有することと、対外的な信用を大切にすること。

 財団で働くようになって、変わったことになった点について、1人の職員は「災害があれば、すぐに手をさしのべられるよう、ニュースを気にするようになりました」と答えました。

ベルマーク商品

54g おっとっと〈うすしお味〉

ベルマーク検収

今週の作業日:10/15~10/19
7/20までの到着分を作業中

月別記録BOX

PAGE TOP