「キユーピー3分クッキング」がグッドデザイン・ロングライフデザイン賞受賞


(2019/11/20)印刷する

 協賛会社キユーピー(ベルマーク番号07)の1社提供する長寿番組「キユーピー3分クッキング」が、2019年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞しました。テレビコンテンツが受賞するのは初めてです。

 番組は、誰もが知る印象的なテーマ曲と「キユーピーとヤサイな仲間たち」が踊るオープニングで始まり、「簡単、便利、毎日の献立作りに役立つ」レシピを紹介します。エンディングで再び披露される「仲間たち」のリズミカルな踊りもかわいいです。放送開始は1962年12月。今の放送枠は10分ですが、「たとえ天気予報のように1回の放送は短くても、毎日の献立のヒントを提供したい」という思いから、初めは正味3分の番組だったそうで、それが番組名の由来となりました。

 審査で重視されるのは4つの視点。既存の概念に捉われずに新しい価値を見出す「革新性」、多くのユーザーからの「信頼性」、広くスタンダードと認められる「普遍性」、次なる世代のモデルを目指す「先導性」です。ロングライフデザイン賞はさらに、幅広いユーザーから信頼され、10年以上継続的に提供された商品・サービスであるうえ、今後も継続した提供が見込まれなければなりません。審査委員によると、「限られた時間の中で季節感のあるレシピを紹介し、毎日に豊かさを提供し続けている」ことが評価のポイントだったそうです。

 「キユーピー3分クッキング」は日本テレビ系列で、毎週月~土曜日の11時45分~11時55分に放送。CBCテレビ系列では、毎週月~金曜日の11時20分~11時30分、土曜日は11時30分~11時40分に放送されています。

 1957年に創設されたグッドデザイン賞。創設当初は通商産業省が「グッドデザイン商品選定制度」として主催していました。現在の主催団体である公益財団法人日本デザイン振興会が2014年に行った調査によると、優れたデザインを表す「Gマーク」の認知度は85.5%にも上るそうです。

 グッドデザイン賞は、ベルマーク運動の協賛会社では過去に、日本ノート(ベルマーク番号05・受賞時の社名はキョクトウ・アソシエイツ)の「かんがえる学習帳」、クレハ(ベルマーク番号10)の「NEWクレラップ」、キヤノンマーケティングジャパン(ベルマーク番号19)の「キヤノンエコテクノパーク」、スリーエム・ジャパン(ベルマーク番号21)の「お風呂用スポンジ」、キリンビバレッジ(ベルマーク番号54)の「生茶」の飲料パッケージ、などがグッドデザイン賞を受賞しました。

 また、森永製菓(ベルマーク番号26)の「森永ミルクキャラメル」、ロッテ(ベルマーク番号57)の「キシリトールガム」などはロングライフデザイン賞に選ばれています。

ベルマーク商品

ディナーカレー194g

ベルマーク検収

今週の作業日:12/9~12/13
10/2までの到着分を作業中

月別記録BOX

PAGE TOP