キリンビバレッジ中四国地区本部がマーク16万余点を寄贈「西日本豪雨の被災校に」


(2019/07/01)印刷する

 協賛会社キリンビバレッジ(ベルマーク番号54)の中四国地区本部(本部長・村山浩義)は、中国・四国地方で実施した3つのキャンペーンで集めた165,267点のベルマークを6月24日、「西日本豪雨の被災校に」とベルマーク財団に寄贈しました。

 キャンペーンは、スーパーやコンビニに置いた応募はがき(または官製はがき)に、生茶やキリンレモンなど同社製品のベルマークを貼って送ると、抽選で賞品がもらえるというもの。昨春から実施したプロ野球の広島カープを応援する「℃℃℃キャンペーン」で7万7831点、その後の「四国ベルマークキャンペーン」で3万2285点、西日本豪雨を受けて暮れから今年1月にかけて実施した「西日本豪雨復興キャンペーン」で5万5151点が、それぞれ集まりました。

 集まったベルマークはハガキの厚みもあって段ボール3箱分に。事前に財団に送られ、24日は西川和成・中四国地区本部営業企画部長が財団の高木文哉常務理事に目録を手渡しました。

キリンビバレッジの西川和成・中四国地区本部営業企画部長(左)からベルマーク財団の高木文哉常務理事に目録が手渡された

 高木常務理事は「これは中四国のみなさんの善意の集まりだと思います。被災地のためになるよう使わせていただきます」とあいさつ。西川部長は「復興キャンペーンは現在もやっているところです。社内でももっと周知して、お客様にベルマークの良さが伝わるように活動していきたいです」と話していました。

集まったはがきを前に「今後もベルマーク運動を広めたい」と語る西川さん
広島のテレビ局・中国放送の取材が入りました


 キリンビバレッジの「西日本豪雨復興キャンペーン」は現在、第2弾を実施中です。同社製品のベルマーク4点を1口として、店頭の応募はがきか官製はがきに貼って送ると、抽選で100人にキリンレモン450mlボトル1ケース(24本)が当たります。送り先は以下の通り。

 〒225-8799 日本郵便(株)青葉郵便局留 キリン・キャンペーン事務局
 「ベルマークを集めて応募!西日本豪雨復興キャンペーン」係

 締切は7月31日、当日消印有効。問い合わせは事務局(0120-465-231、平日午前10時~午後5時)へ。

ベルマーク商品

こどもがよろこぶ・かるい学習帳B5かんじ104字

ベルマーク検収

今週の作業日:10/15~10/18
7/12までの到着分を作業中

月別記録BOX

PAGE TOP