大阪・松原市でベルマーク劇場「白雪姫」/市内の支援学級児童を招待


(2015/10/14)印刷する

 ふだん演劇に接する機会が少ない子どもたちに楽しんでもらうベルマークファミリー劇場「ミュージカル 白雪姫」(大阪府松原市文化情報振興事業団主催、ベルマーク財団共催)が10月10日、松原市の市文化会館で上演されました。

 市内15校の小学校の特別支援学級の児童97人が招待されるなど、会場は約300人の親子連れでにぎわいました。

 創立66年の「劇団東少」(東京)の俳優が舞台いっぱいを使って歌や踊りを披露。主役の白雪姫には女優のジェイミー夏樹さん、王子役はテレビなどで活躍中の俳優、溝呂木(みぞろぎ)賢さんが演じました。いじわるな妃は宝塚歌劇元星組のトップスター瀬戸内美八さんが迫真の演技を見せました。

7人の小人に祝福される白雪姫と王子

 妃から逃げて森に入った白雪姫を、7人の小人が助けます。そこで小人と生活を始めた白雪姫は自然や平和、働くことの大切さを学びます。グリム童話の原作に現代の環境や平和などの問題をアレンジした劇団東少のオリジナルストーリーです。観劇した子どもたちは、コミカルな小人の動きに大笑いしていましたが、意地悪な妃の演技には、泣き出す子もいました。

終了後、白雪姫役のジェイミー夏樹さん(右手前)ら俳優が観客を見送りました

 松原市は大阪府中南部のベッドタウンで、この日の上演には家族連れが目立ちました。最後に会館の玄関で、俳優が観客と握手などをして帰るのを見送ると、子どもたちは嬉しそうな表情でした。

ベルマーク商品

保証付き中古フロントバンパー

ベルマーク検収

今週の作業日:1/15~1/19
12/18までの到着分を作業中

月別記録BOX

PAGE TOP