ホーム » 学校・団体の活動 » 2013年 » 生徒たちが「ベルマークサポーター」に

生徒たちが「ベルマークサポーター」に

鎌倉女学院中学校・高等学校
社会貢献のひとつに取り組み

 神奈川県鎌倉市由比ガ浜にある中高一貫校「鎌倉女学院中学校・高等学校」(中学・高校とも497人)が、社会福祉委員を中心にベルマーク収集活動に取り組んでいます。昨年夏に、ベルマーク協賛会社のあいおいニッセイ同和損保から、ベルマークを集めて震災被災校を支援する「ベルマークサポーター」になりませんか、と提案を受けたのがきっかけです。
 社会福祉委員会委員長の井野場静代先生が「これまでも学校で募金活動は行ってきましたが、それだけでは長続きしない。支援は継続しなければ意味がない」との思いから、同僚で話し合い、ベルマークの収集を提案。職員会議で同意を得て、12月から活動を開始しました。
 各学年4クラスの計24クラスと職員室に「ベルマーク一覧表」を貼り、体育館をモチーフにした同損保オリジナルの収集箱を置いて、各クラス2人ずつの「社会福祉委員」が中心となり、みんなに収集を呼びかけました。今年2月末までの3カ月間に集めた点数は、1万6383.9点になります。このマークは同損保とベルマーク財団を通して被災校に贈られます。
 学校では震災直後、ベルマーク運動への参加登録を検討しましたが、PTAがなく協賛会社ごとの仕分けまでは難しいため、いったんは断念しました。しかし、提案された「ベルマークサポーター」なら、仕分けは会社側がしてくれるため、マーク収集と全体の点数計算に絞って活動することができました。
 学校創立は1904(明治37)年。古都・鎌倉を象徴する鶴岡八幡宮の一の鳥居横にあり、今年109周年を迎えます。教育方針に「生徒各人の能力を、自らの努力によって伸ばし、社会に貢献できるよう育成」することを掲げています。
 ペットボトルのキャップを集めて世界の子どもたちにワクチンを贈る活動や、若宮大路に面した正門前の歩道橋階段下にある花壇の植え替え、通学路の若宮大路の清掃、ユニセフ募金など、社会福祉委員を中心にさまざまな取り組みを行ってきました。この日集まった高校生の委員8人全員が、小学校でベルマークを集めた経験があるそうです。
 あいおいニッセイ同和損保が昨年度集めたベルマークは256万点にもなります。鎌倉女学院の分も加わりました。委員長の春田佳奈さん(高2)は、「またベルマークを集めることができ、それが被災校の役に立つのでうれしい」と語ってくれました。さらに、副委員長の三浦明莉さん(高1)やほかのメンバーから、「一番点数が高いのは何ですか」「マークの切り方、余白はどうするんですか」といった質問が出されました。ベルマーク集めに携わったことで、関心が高まったことがうかがえました。
 指導にあたった井野場先生は、「事務局の方も協力的にやってもらうことができ、さらに学校内のつながりも出てきました。昨年度は点数のみの掲示でしたが、次回集計を予定している7月にはグラフ化するなど、もっと工夫し盛り上げていきたい」と話してくれました。

聖園女学院中学校・高等学校
ボランティア活動のひとつに自主的取り組み

 富士山や江ノ島を望む神奈川県藤沢市の緑豊かなキャンパスに立つ中高一貫校・聖園(みその)女学院中学校・高等学校(中学348人・高校365人)が、ベルマーク活動に取り組んでいます。昨年7月に、あいおいニッセイ同和損保から、「ベルマークサポーター」になりません学級委員会委員長の高橋真美さん、委員の相田千里さん、シスターの橋本美穂先生(左から)か、と提案を受けました。
 実は一昨年10月、当時の学級委員長がベルマークを集め被災地を支援しようと呼びかけました。全校アンケートで8割近い賛成が得られ、昨年1月から2月までの1カ月、全校で収集を試行しました。仕分け作業は、高3を除く各クラス2人の学級委員が、放課後の1時間半ほど、計3日行いました。しかし、「仕分け作業が大変。どうしよう…」。
 昨春、新年度の学級委員会は悩んでいました。指導にあたったシスターの橋本美穂先生は、財団の「ベルマーク説明会」に出席、少しでも情報を得ようとしましたが、PTAがない自校で仕分けまでは難しいと判断したそうです。
 そんな時、提案されたのが「ベルマークサポーター」でした。仕分けは会社側がしてくれるため、マーク収集と全体の点数計算に絞って活動することができます。まさに絶妙のタイミングでした。
 9月に活動を再開、各クラスと職員室に「ベルマーク一覧表」を貼り、同損保オリジナルの収集箱を置いて、学級委員を中心に、みんなに収集を呼びかけました。今年2月末までの6カ月間に試行実施分と合わせて1万6000点あまり集めました。このマークは被災校に贈られます。
 1946(昭和21)年、聖心(みこころ)の布教姉妹会によって旧制高等女子学校として創立、校訓に「信念・精励・温順」を掲げ、カトリック精神に基づく人間教育を行う同校では、ボランティア活動もとても活発です。各種の募金活動(赤い羽根共同募金・緑の羽根募金・震災募金)や地域清掃、希望する生徒が、学校隣接の施設「聖園子供の家」の子どもたちとともに過ごし、体験を分かちあうことを目的として、奉仕の喜びを経験する「聖園子どもの家ボランティア活動」、ダルニー奨学金などを行っています。
 小学校でベルマーク集めをやっていたという委員長の高橋真美さん(高2)と同じクラスで委員の相田千里さん(同)は、「ベルマークをたくさん集めて、被災地学校の支援に協力したい」と話してくれました。今年度は7月と11月に集計を行う予定です。
 シスターの橋本先生は、「生徒たちが自らやりたいと言ってきた取り組みです。実態はクラスごとに差がありますが、今後も長続きするようにしたいです」と話してくれました。

≪写真≫学級委員会委員長の高橋真美さん、委員の相田千里さん、シスターの橋本美穂先生(左から)

(2013/07/03)

     あなたの愛が鳴り響きます。
            ベルマークから、ありがとう。

ベルマーク教育助成財団 tel:03-5148-7255