ホーム » 6月10日(金) 和歌山

6月10日(金) 和歌山

和歌山市立西脇小学校

石橋 拓也さん(2010年度育友会会長)
保田 悦子さん(同育友会副会長)
(右から)
6月10日 和歌山
 西脇小学校は、南海加太線二里ヶ浜駅のすぐ前にあります。近くには、河西公園、磯ノ浦海岸などがあります。創立は1876(明治9)年。今年で創立135年になります。全校生徒は519名、18クラス、家庭数は399世帯です。ベルマーク活動を始めて今年で43年目を迎えます。累計点数は、261万5474点になります。毎年平均いたしますと、6~7万点です。
 私ども西脇小学校育友会には、5つの部会があります。その1つの厚生部がベルマーク集計を担当しております。本年度の部の構成は、本部役員2名、部員14名(その内部長、副部長1名ずつ)で運営しています。当校は部会を運営する委員さんの担当を5年生の保護者となっていますので、毎年部員数が増減します。今年は少し少ないです。例年でしたら、18クラスの1クラスの集計を1人の部員さんにお願いしています。今年は、2クラス分の担当が足りないので14人で分けることにしました。
 まず、毎月初めに担任の先生を通じてベルマーク袋を各家庭へ配布してもらいます。2、3日後、袋を回収しクラスごとをクリアケースに入れ担当部員に渡します。部員は、家庭で1か月かけてベルマークを分類し集計します。各学期末に、各部員が集計してもらった物を全て学校に持ってきてもらい大集計をします。
 この流れを1年間やっていただいています。昨年度は、約11万8000点もの分類、集計を18名の部員でやっていただきました。作業は、本当に地味ですが大変な作業です。みなさん本当に協力的にやっていただいているからこその結果だと思います。本当にありがたいです。
 昨年度ベルマーク活動をした保護者の感想として、大集計が年3回で仕事をしていても無理なく参加できました。集計が毎月あり肩がこりましたが、1人も投げ出さず集計ができました。みなさん本当に責任感を持ってやって頂いたのだなあと、感謝でいっぱいです。
 この流れを43年続けていますが、毎月のベルマーク回収が途切れることなく受け継がれている根本には、昔からの地域の学校へのご理解や協力体制があるからだと思います。私もここに移り住んで来た者ですが、本当にそれを感じています。これからも、次につながっていく様に、出来ることを出来る範囲で続けて行きたいと思います。ありがとうございました。
  
(スライドショーを使って発表)
=6月10日、県民交流プラザ和歌山ビッグ愛会議室で

(2011/06/16)

     あなたの愛が鳴り響きます。
            ベルマークから、ありがとう。

ベルマーク教育助成財団 tel:03-5148-7255