ホーム » 5月27日(金) 京都

5月27日(金) 京都

京都聖母学院小学校

小寺  淑子さん
廣安 あやこさん
西川 佐恵子さん
下村 美由紀さん
安見  裕子さん
玉井 文美子さん
西野  幸代さん(いずれも09年度保護者会学年委員会ベルマーク部員)
(左から)
5月27日 京都 京都聖母学院小学校
 京都聖母学院小学校は2009年度にベルマークへの取り組み体制を変えたことから一気に効果が出て、ベルマーク収集点数が09年度、10年度と京都府で連続1位になりました。
 もともとは6年生の児童が委員会活動の中で仕分けし、年1回、保護者が集計を手伝う形だったが、マークを送付やベルマーク預金での買い物も出来ませんでした。そこで保護者会が全面的にバックアップすることになりました。広報活動として聖母ベルマーク新聞を作成したり、学校の夏祭りでイベントを行ったりしました。
 各家庭で収集袋を作ってもらい、収集の意識を高めました。児童が月1回の委員会活動で収集箱から回収します。そのあと、毎月1のつく日を「ベルマークの日」とし、保護者10人ほどが集まり、2~3時間、仕分け作業を進めました。参加できない保護者も、整理しきれない分を自宅で作業可能としました。
 子どもたちに目に見える形でベルマーク運動の意義を理解してもらい、活動に弾みをつけたい、と09年度に一輪車12台、10年度カラ―マット14枚購入しました。
 点数の高いものを先に集計したこと、09年度には7回送付したように財団発送をこまめにしたことが収集点数が(無送付状態から)年間20万点以上に急増した要因かと思います。
 本校においてベルマーク活動は児童生徒会中心であり、保護者はあくまでも仕分け集計のサポートであるため、学校と保護者の連携が非常に重要でした。
 本校のカトリックに基づく建学の精神「愛と奉仕と正義」とベルマーク活動の社会奉仕の意義が合致したことも活動が盛り上がった要素だと思います。
  
(スライドショーを使って発表)
=5月27日、ウイングス京都(京都市)で

(2011/05/30)

     あなたの愛が鳴り響きます。
            ベルマークから、ありがとう。

ベルマーク教育助成財団 tel:03-5148-7255