ホーム » 5月10日(火) 福岡①

5月10日(火) 福岡①

福岡市立三宅小学校

大平  理恵さん(2010年度PTA学年委員長)
橋本 美磨子さん(同副委員長)
(右から)
5月10日 福岡① 福岡市立三宅小学校
 三宅小学校は、福岡市南区の三宅地区に位置し、西鉄大橋駅の徒歩圏内でありながら、那珂川に面した自然豊かな地域です。地域の協力で、田植えや稲刈りなども授業で体験できる緑あふれる校区です。
 今年、創立124年を迎えます。児童数は725人、特別支援学級を含め24学級です。
 ベルマーク運動には1962年に参加、累計点数は565万点を超え、県内4位、福岡市内で3位です。
 PTA常置委員会は、学年、成人、広報、地域委員会があり、ベルマーク運動は学年委員会が中心となって取り組んでいます。
 また「全員サポーター制」を取り入れていて、ベルマーク担当サポーターの協力もあります。サポーターには、5月に集計作業の説明会を開き「ベルマーク収集の流れ」「集計の仕方」「集計表の書き方」など具体的な説明をします。
 ベルマークは子どもたちが毎月20日ごろ提出袋に入れ、担任の先生に提出します。それをクラスのサポーターが自宅で企業別・点数別に分け、集計用紙に記入します。
 前期・後期のサポーターがいますので半年分のベルマーク集計を1人が担当します。サポーターは10月と3月に半年分のマークと記入済み集計用紙を学年委員会に提出します。25人の学年委員がクラスの集計表をもとに最終集計をします。
 提出数の多い企業は3~4人で担当し、ミスがないようチェックしあうと作業もスムーズで時間短縮にもなります。
 サポーターの多くは丁寧に分かりやすく提出してくれているため、学年委員会の最終集計は毎回約2時間で終わります。
 地域の郵便局、銀行、公民館、スーパー、老人ホームなどにベルマーク回収箱を設置、沢山の方々のご協力もいただいています。同じ中学校ブロックの三宅中学校生徒会からもベルマークをいただいています。
 夏に開催される「みやけ夏祭り」では、ベルマークを持ってくると、小さなお菓子をプレゼントして、子どもたちにベルマークを身近に感じてもらえる機会をつくっています。
 インクカートリッジ回収ボックスは学校の2カ所に設置し、学年委員が年1回、発送しています。
 協賛会社を知り、一人一人が意識しコツコツと集めること、集計作業などの負担が軽くなるよう役割分担することが無理なくベルマーク運動に取り組める近道だと思います。
 ベルマーク預金で、昨年度はグランドピアノのカバーを購入し、卒業式や入学式の節目の行事を気持ちよく行うことができました。
 また、保護者やOBの読み聞かせボランティア「絵本の木」活動も応援しています。子どもたちの心に残る絵本の購入やブラックシアターの備品購入など有効な使い道ができるよう心がけています。
 購入品はPTA便りで紹介しています。わずかな点数でも沢山集めることで立派な備品が購入できることを知ってもらうことも大切だと思うからです。
  
(スライドショーを使って発表)
=5月10日、福岡市の大博多ホールで

(2011/05/18)

     あなたの愛が鳴り響きます。
            ベルマークから、ありがとう。

ベルマーク教育助成財団 tel:03-5148-7255