ホーム » 6月23日(木) 徳島

6月23日(木) 徳島

徳島県徳島市立八万南小学校

北埜 祐子さん(10年度PTAベルマーク部長)
森本 裕子さん(同)
(左から)
6月23日 徳島 八万南小学校
 八万南小学校は徳島市南西部にあり、周囲は眉山や園瀬川、県立文化の森総合公園などに囲まれた自然豊かな校区です。児童数600人ほどです。
 ベルマーク収集点数は累計で2010年度、300万点に達しました。県内3校目ということです。ベルマークを担当しているのはPTAベルマーク部です。1~5年の各クラスから役員2人選出しています。それと、5、6年の児童16人がベルマーク委員として活動を手助けしてくれています。
 毎月の回収日前にベルマーク袋を配り、児童はマークを持ち寄ります。教室に置いてあるペットボトルで作った回収箱に児童が自分で仕分けしながら入れます。この回収箱は1~9、10~19という風に企業番号が10番ごとに区切られていて、それを確かめながら入れていきます。低学年にもしてもらいます。それを、ベルマーク委員が集め、毎月1回の委員会活動の時間に、コンテナ(青箱)に分けていきます。切りそろえる作業もしながら、出来あがったものをコンテナで保管しておきます。ここまでが児童の役割です。
 続いて保護者の作業です。授業参観日の1時間半前に集合し、部会を開きます。1,2年と3年と4,5年の3つのグループに分かれ、担当の青いコンテナを決め、その中のベルマークを企業別に分けていきます。
 さらに点数別にも分け、紙に10枚を一列として貼っていきます。点数が違っていても同じ1枚の紙に貼ってもいいことにしています。貼りつけたベルマークの点数を1枚の集計用紙に記入していきます。そして、集計表と貼りつけた用紙をセットにして提出します。1時間半なので時間が足りない場合、集計表に記入するのは、家に持ち帰っての作業になることもあります。部会を休んだ部員にも同様の作業を自宅でしてもらいます。
 この作業を昨年度は4回行いました。年1回、今まで貯めていたのを企業別に集計し、発送します。
 課題として、10番単位ごとに分けていくと、数量に偏りが出てきます。いつも多いところを担当するグループが出たりするので、そこらの調整をうまくしなくては感じました。また、脱退している企業のベルマークを最後の集計時に気付いたのもありました。一覧表で分別時に確認し、貼りつけるときに再確認することにより、無駄な作業が減ると思いました。
  
(スライドショーを使って発表)
=6月23日、徳島市立文化センターで

(2011/06/27)

     あなたの愛が鳴り響きます。
            ベルマークから、ありがとう。

ベルマーク教育助成財団 tel:03-5148-7255