ホーム » 5月31日(火) 山口・下関

5月31日(火) 山口・下関

下関市立熊野小学校

池井  豊さん(2010年度PTA施設厚生部副部長)
中嶋 浩美さん(同部長)
渡邊 真弓さん(同副部長)
(右から)
5月31日 下関 熊野小学校
 熊野小学校は1990(平成2)年に川中小学校の児童増加に伴い分離、新設された下関市で一番新しい小学校です。開校当時の児童数は650人でしたが、現在は873人で大規模校の一つになっていて、今後も増加が予想されています。
 昨年の梅雨時期の大雨でグラウンド周囲のノリ面が崩れる被害を受け、現在も修復されておらず、グラウンドの4分の1は使えない状況が続いています。
 PTAは執行部を中心に教養、広報、保健体育、施設厚生、学年、育成の6部があります。ベルマーク担当は施設厚生部で、各学級に1人の27人で構成し、その中から部長1人、副部長2人を選びます。
 年4回の全体で集まる部会のほか、6月から12月と2月の各月の5日前後がベルマーク回収日です。新年度最初の参観日前に第1回の部会を開き、ベルマークの収集、集計の仕方を説明し、月ごとの作業は部員の家庭でしてもらいます。
 2~4回目の部会は各学期末に行います。3学期末の部会は、集計の時間が多少かかりますが、1、2学期末の集計はスムーズに行われています。部会が年4回だけなので、小さい子どもや仕事をしている人にも無理なくでき、人気がある部です。家での仕分けの手伝いを楽しみにしている子どももいるそうです。
 収集から仕分けの手順は①担任の先生が収集袋を児童に配布 ②集まったマークを先生がまとめて大きな袋に入れ、部員の子どもが家庭に持ち帰る ③家庭で会社別、点数別に分け、セロテープで点数ごとに10枚つづりに留める、です。
 1、2学期末の部会は10枚つづりになったマークだけを持参し、集計します。3学期末の最終集計には、10枚つづりと10枚にならなかった端数のマークも持ち寄ります。全体集計の参加率を上げるため、早めに日時を決め、文書を配り、協力を呼びかけています。集計日の2週間前から会議室に段ボール箱を置き、参加できない部員には、学年・クラス名を記入し、10枚つづりのマークを提出してもらいます。これにより全クラスもれなく集まり、回収率が上がるように思います。
 全体集計では、部員が10枚つづりのマークをチェックし、10束にしてホチキスで留め、整理袋に枚数、点数を記入し、マークを入れます。部長、副部長が確認して発送します。
 先ほどお話ししたように熊野小は昨年、大雨により大きな被害を受けました。この被害に対して、全国各地から財団に寄贈されたベルマーク19万5千点を援助していただきました。厚くお礼申しあげます。いただいたベルマークで、ボードを自由に組み合わせできる輪投げ2セットを購入しました。2月に開いた「くまのウォークラリー」で使用し、子どもたちも大変喜んでおりました。
 ベルマーク財団は、へき地学校や海外援助などさまざまな援助活動をしていることは知っていましたが、今回、自分たちが援助を受け、保護者、児童、先生の学校に関わる全員が感謝の心、協力の心を持つことができたように思えます。
  
(スライドショーを使って発表)
=5月31日、海峡メッセ下関で

(2011/06/10)

     あなたの愛が鳴り響きます。
            ベルマークから、ありがとう。

ベルマーク教育助成財団 tel:03-5148-7255