ホーム » ニュース » 財団から » 2013年

2013年

ベルマーク運動の原点を再確認

全国へき地教育研究大会、三重県で

全体会は全国のへき地教育関係者らで埋まりました ベルマーク運動は53年前、教材や備品に事欠くへき地学校を支援する目的で始まりました。そこでの教育のあり方を考える組織に「全国へき地教育研究連盟」があります。その第62回全国大会が11月、三重県で開かれました。
 初日の全体会は津市の県総合文化センターであり、全国から校長や教諭ら約600人が参加しました。鈴木英敬県知事のほか、ベルマーク教育助成財団からも中島服部博之さん(中央後方)と太鼓のコラボ演奏をする滝之原小の児童たち=津市の三重県総合文化センター泰常務理事が出席しました。
 連盟の伊井一雅会長(香川県丸亀市立本島中学校長)はあいさつで「『ふるさと』から学び、『ふるさと』を誇りに思う、人間力豊かな子どもたちに育てたい」と述べ、北神島小学校と中学校は同じ敷地内にあります海道教育大学の玉井康之教授が「へき地の子どもの社会性・言語・コミュニケーション力をいかに育むか」と題して基調講演をしました。
 来春に廃校となる三重県名張市立滝之原小学校の児童たちと太鼓奏者の服部博之さんとのコラボ演奏も披露され、大きな拍手を受けました。
2年生の国語の授業。後方は3年生がいて、複式学級です この後、六つの分散会があり、へき地・小規模・複式学級のある学校の課題や教育の取り組みなどについて、全国からの発表が続きました。
 2日目は県内10会場を使っての分科会です。その一つ、離島の鳥羽市・神島では神島小学校(児童16人)、神島中学校(生徒5人)で公開授業が行われ、生徒とカナダ人の外国語指導助手との神島名物タコの干物が先生たちを迎えてくれました=鳥羽市・神島小一対一の英語授業や、スカイプを活用したメキシコとの対話などの様子を参観しました。
 来年の大会は群馬県で開かれます。

≪写真上から≫
・全体会は全国のへき地教育関係者らで埋まりました
・服部博之さん(中央後方)と太鼓のコラボ演奏をする滝之原小の児童たち=津市の三重県総合文化センター
・神島小学校と中学校は同じ敷地内にあります
・2年生の国語の授業。後方は3年生がいて、複式学級です
・神島名物タコの干物が先生たちを迎えてくれました=鳥羽市・神島小

(2013/12/05)

28回ベルコン入賞決まる

 PTAのみなさんが工夫を重ねた「ベルマーク便り」を審査する第28回ベルマーク便りコンクール(2013年度)の入賞校が決まりました。昨年度より32校も多い応募117点の中から、優秀賞10校に賞金3万円、佳作10校と特別賞には1万円を贈り、ともに副賞の額入り表彰状も差し上げます。また、賞を逃した学校・団体にも図書カードをプレゼントします。入賞は以下の通りです。

  <優秀賞>
横浜市立東山田小学校
那覇市立小禄小学校
小金井市立小金井第三小学校(東京都)
七尾市立高階小学校(石川県)
西東京市立東伏見小学校(東京都)
神戸市立向洋中学校
福岡市立板付小学校
横浜市立豊岡小学校
江南市立宮田小学校(愛知県)
町田市立大蔵小学校(東京都)
  <佳 作>
静岡市立清水岡小学校
入間市立狭山小学校(埼玉県)
千葉県立柏特別支援学校
帯広市立稲田小学校(北海道)
京都市立常磐野小学校
練馬区立光が丘四季の香小学校(東京都)
川越市立牛子小学校(埼玉県)
豊中市立泉丘小学校(大阪府)
摂津市立別府小学校(大阪府)
岡山市立西小学校
  <特別賞>
鴨居幼稚園(神奈川県横須賀市)

(2013/11/26)

子どもの教育、600人に聞きました

損保ジャパンDIY生命

 子どもの教育について、今のお母さん、お父さんたちの考えは? 協賛会社の損保ジャパン・ディー・ワイ・アイ生命保険が、首都圏の600人にインターネットを通じて意識調査をしました。11月22日の「いい夫婦の日」にあわせた企画です。
 対象は、保育園、幼稚園から小学校低学年までの子どもがいる父母。教育費や将来の夢などをたずねました。
 月々の教育費を聞くと、平均で父親は約3万5千円かかっていると回答、母親の平均は2万8千円なので、父親の方がたくさん出していると感じているようです。
 子どもに習わせたいことを聞くと、1位は水泳、2位は英会話で、これは父母共通でした。
 教育方針をどう決めるか。「夫婦で話し合う」が過半数。「妻主導」が3割から4割、「夫主導」は5、6%程度でした。
 将来なってもらいたい職業。1位は「子どもがなりたいと思うもの」、2位が「会社員」でした。
 教育熱心だと思う芸能人はだれ? 父親は、つるの剛士さん、母親は松嶋菜々子さんが1位でした。
 同社ホームページ(http://diy.co.jp/)のニュースリリース欄に詳しい報告がありますので、どうぞご覧ください。

(2013/11/20)

宮城県石巻市教育長から礼状

 ベルマーク財団の震災被災校支援に対して、宮城県石巻市の境直彦教育長から礼状が届きました。 財団から三角鉄棒、ゴムチップマット、デジタル握力計、掃除機が届き、市立雄勝小学校の備品として大切に使っていま

NGP協同組合が被災校支援に今年も20万円寄贈

 ベルマーク運動に昨春加入した「NGP日本自動車リサイクル事業協同組合」(長谷川利彦理事長)が10月28日、「東日本大震災の被災校への支援に役立ててほしい」として、20万円をベルマーク教育助成財団に寄

協賛50年の貢献、寺西化学工業に感謝状

 50年にわたり協賛会社としてベルマーク運動に加わってきた、マジックインキで知られる文具・事務用品製造販売の寺西化学工業(大阪市旭区、寺西寿三社長)に、ベルマーク教育助成財団から感謝状が贈られました。

ウェブベルマーク 陸前高田でキックオフ

 岩手県陸前高田市で9月21日、ウェブベルマーク運動のキックオフイベントが開かれました。地元の子どもたちと校長先生、教育長らを迎えて、被災校を支援する運動の目的を説明しました。  ウェブベルマーク協��

ウェブベルマーク運動始まる

被災校支援へ新たな取り組み 日ごろのベルマーク活動はこれまで通り 東日本大震災で被災した東北の学校への支援を目的にした「ウェブベルマーク運動」(WBM)が9月17日に始まりました。 インターネットを�

寺西化学工業 9月末で脱退、財団から感謝状贈呈へ

 マジックインキで知られる寺西化学工業(ベルマーク番号02)が、9月30日に脱退します。 寺西化学のベルマークは契約により、脱退してから6カ月間は有効です。従って、マークは2014年3月31日財団到着

財団常務理事に中島泰氏

 ベルマーク教育助成財団の常務理事に、6月25日付で中島泰(なかしま・やすし)氏が就任しました。中島氏は朝日新聞社の海外特派員や横浜総局長などを経て、社説を担当する論説副主幹を務めていました。常務理事

Showing 1 - 10 of 39 Articles

< 戻る 1234 次へ >
 

Archives

     あなたの愛が鳴り響きます。
            ベルマークから、ありがとう。

ベルマーク教育助成財団 tel:03-5148-7255