ホーム » ニュース » 東日本大震災関連ニュース » さいたま市「成人」が16万点余寄贈

さいたま市「成人」が16万点余寄贈

ボランティア80人、13日がかりで仕分け

 さいたま市の成人式実行委員会のメンバーが3月7日、ベルマーク財団を訪れ、1月の成人式をメーンに、前後して集めた16万4683点のベルマークを「東日本大震災の被災校支援に役立てて」と寄贈してくれました。寄贈されたベルマークは、新成人らのボランティア延べ80人を募るなどして計13日をかけて仕分け・整理。インクカートリッジなどを含めて段ボール8箱に詰め、訪問前に財団に届けてくれました。

ボランティアも加わって人海戦術で仕分け作業をしました=さいたま市子ども育成部提供
 ベルマーク収集活動は「被災した子どもたちのために何かできないか」と市内10区の代表が話し合った結果、決まりました。代表らが実行委メンバーとなり、昨年11月から区役所や公民館、図書館などに回収箱の設置を開始。今年1月9日のさいたまスーパーアリーナで行段ボール8箱のベルマークとインクカートリッジなどを寄贈してくれました(左端は野中・財団事務局長)われた成人式では、メンバーたちが受付で、ベルマーク収集を大声で呼び掛ける姿がありました。
 1月13日までの回収期間を終えると、区役所で早速、仕分け・整理作業を始めました。しかし、ベルマークは市内のみならず、関東近辺さらに青森県、名古屋市などからも届き、大変な作業量になりました。成人仲間を中心にボランティアを募っての作業で計2日、さらに実行委メンバー主力の作業が計11日と、若い力を結集し、きれいに整理しました。
 財団を訪れたメンバーは7人。それに、実行委事務局のさいたま市子ども未来局子ども育成部課長の菅原春子さんと橘星絵さんが同行しました。菅原さんが「成人が力を結集した成果です。お受け取りください」とあいさつし、メンバーが財団の野中正治事務局長に寄贈しました。野中事務局長が「学校でなくとも、こうやって集めることができる、被災校支援ができるという、いい実例になりました」と感謝の弁。メンバーの若林暁さんは「(支援の方法として)募金も考えましたが、お金は財財団訪問の一行で記念撮影布から出してしまえば、それで終わる。仕分け作業の手間を経て、ようやく被災地に直結できたという実感がわいた。その感慨を、作業に参加してくれたたくさんの人と共有できました」と話しました。
 メンバーは、被災校の宮城県気仙沼市立階上中学校から財団に贈られてきたDVDを見、財団事務所内を見学しました。DVDは、階上中の生徒たちが全国からの支援に感謝し、同時に「被災に負けず、頑張ります」と最後はエールで締めくくる内容でした。メンバーの芦葉秋仁さんは「被災したのにめげず、自分たちより強いものを持っている。現地に行ってみたい」と感想を語りました。成人たちは収集活動を通して、さらに大きな世界が見えてきたようでした。

財団事務所内を見学しました≪写真上から≫
・ボランティアも加わって人海戦術で仕分け作業をしました=さいたま市子ども育成部提供
・段ボール8箱のベルマークとインクカートリッジなどを寄贈してくれました(左端は野中・財団事務局長)
・財団訪問の一行で記念撮影
・財団事務所内を見学しました

(2012/03/07)

     あなたの愛が鳴り響きます。
            ベルマークから、ありがとう。

ベルマーク教育助成財団 tel:03-5148-7255