スナッグゴルフ対抗戦全国大会が開催 /復興支援への想いを込めて


(2018/07/23)印刷する

礼儀と感謝の気持ちを忘れずに

 ベルマーク財団が後援している「スナッグゴルフ対抗戦JGTOカップ全国大会」が、福島県西郷村のグランディ那須白河ゴルフクラブで7月15日に開かれました。スナッグゴルフは、ゴルフをよりわかりやすく子どもから高齢者までが気軽に出来るよう開発されたもので、この大会では全国の小学生たちがその技を競います。東日本大震災の復興支援への取り組みの一つでもあり、ここ3年は福島県で、それまでは宮城県でも開催してきました。一般社団法人日本ゴルフツアー機構(青木功・会長、以下JGTO)が主催し、多くの企業や教育委員会、県や市の協賛・協力で成り立ち、52名ものプロゴルファーが個人的にも支援しています。

 この日の特設コースは、9ホールの合計536ヤード、パー36。3人以上6人以下のチームに分かれ、上位3名の合計ストローク数で順位を決めます。JGTO貢献事業部の宮内勝さんによると、今回の会場となったNASUコースは起伏が比較的多く、技術だけでなく想像力も求められるのだそうです。昨年の大会でシード権を獲得したチームや震災復興枠チームも含め、33校より総勢181人が真剣勝負を繰り広げました。

ドリームチームと西郷村のゆるキャラ、ニシゴーヌ
選手宣誓
ちゃんと帽子をとって挨拶
これから試合です


 最高気温が36度を超す炎天下のなか、開会式が始まりました。子どもたちが何よりも楽しみにしているのは、トッププロゴルファーによる「ドリームチーム」と対戦できること。キャプテンの武藤俊憲プロを始めとした6人が入場すると目をキラキラと輝かせていました。選手宣誓をしたのは、昨年優勝した東広島市立三ツ城小学校(広島県)の6年でキャプテンの見寳大飛(けんぽう・ひろと)君。「保護者やチームメートなど、皆さんに感謝すると共に、ゴルフのマナー・ルールを守り、One for all, All for oneの精神で正々堂々勝負することを誓います」という力強い挨拶で、いよいよ大会がスタートです。

 勝負はもちろん大切ですが、それと同じぐらい大事なのは、礼儀や感謝の気持ちを持つこと、そして安全への配慮が出来るようになること。これらのマナーを身に着けることも、本大会の重要なテーマになっています。この日も試合前にはきちんと帽子をとって相手に挨拶し、元気に「打ちます!」と声を出している子どもが多く見られました。

 そんな子どもたちの様子を見て、武藤プロは「みんなに負けないように頑張らなきゃ」。また大堀裕次郎プロは「真剣な子が多く、将来はスナッグゴルフからゴルフに切り替えてくれたら嬉しい」と話していました。「ひたむきさが可愛い」と顔をほころばせていたのは、富村真治プロ。子どもたちは、憧れのプロたちと「左ねらう?右ねらう?」「ナイスバーディー!」などと直接会話を交わすことができて、とても嬉しそうでした。

 お待ちかねの昼食はカレーライス。JA福島中央会からは福島県産のお米の提供、JA全農福島からは福島県産の冷やしたきゅうりとトマトの提供がありました。暑かったこの日、特にきゅうりは大人気で、あっという間になくなってしまいました。

JA福島より福島県産トマトの提供
サインを求めて長蛇の列が
尾道市立御調中央小学校のみんな
西郷村立米小学校のみんな


 昼食を終えると、エキシビションの時間。フラフープくぐり、うちわティッシュ扇ぎ、といったミニゲームでプロと対戦し、大人も子どもも大はしゃぎでした。プロによる実際のゴルフの用具を使ったショットの披露もあり、その迫力と美しいフォームに、子どもたちは思わず息を呑んでいました。

プロとの勝負に勝ったよ
小鯛竜也プロ
サインください


 優勝は69ストロークの笠間市立岩間第三小学校(茨城県)。表彰状と大きなトロフィー、金メダル、副賞のニシゴーヌ(西郷村のゆるキャラ)のクッキーを受け取りました。準優勝の東広島市立三ツ城小学校は76、3位の神戸市立塩屋北小学校(兵庫県)は79でした。続いてベストスコア賞の表彰状の授与……と思いきや、なんとここで、1月に選手会長になったばかりの石川遼プロがサプライズで登場し、子どもたちから大きな歓声が沸きました。石川プロは「皆さんのようなレベルの高いスナッグゴルファーの中から、ものすごいゴルファーが登場するのではないかとわくわくしています。今日抱いた嬉しい思い、悔しい思いを、これからの夢に活かしてください」とその期待を伝えました。

 児童の代表として西郷村立米小学校(福島県)6年、相山蓮音(そうやま・はいね)さんが「この大会を応援してくれた皆さんと、東日本大震災の復興のため福島県を応援してくださった皆さん、本日は本当にありがとうございました」と感謝の気持ちを述べ、最後はみんなで拍手をしてお互いを称えあい、大会は幕を閉じました。

優勝校
お礼の挨拶
石川遼プロより
やったね!


 ◆スナッグゴルフ 「Starting New At Golf(ゴルフを始めるために)」の頭文字をとってスナッグと名付けられた、ゴルフの基礎を学ぶためのスポーツです。SNAGには「くっつく」という意味もあり、その名の通り、ボールと、ホール代わりのフラッグには、マジックテープの加工がされていて、ボールがくっつくと、そこで「スナッグアウト」(ゴルフでいうホールアウト)となります。ルールはわかりやすく、また場所を選ばないため、ゴルフ場に限らず体育館や校庭でも遊ぶことが出来ます。用具はベルマークでもお買い求めいただけます。

カメラを向いてバンザイ
小学生選手
どこ狙う?

ベルマーク商品

上白糖500g

ベルマーク検収

今週の作業日:6/17~6/21
2/25までの到着分を作業中

月別記録BOX

PAGE TOP