ミズノスポーツ振興財団が100万円寄付


(2018/05/07)印刷する

これで48年連続

 ミズノスポーツ振興財団(水野明人会長)は4月、ベルマーク財団を訪れ、100万円を寄付しました。これで48年連続の寄付。その総額は8950万円にものぼります。

 訪れたのは振興財団の内橋悟・事務局長、澤井文彦・同次長、協力会社ミズノ営業本部首都圏支社の河原修一さん、渡辺市子さん。内橋事務局長からベルマーク財団の中島泰・常務理事に目録が渡されました。

 内藤事務局長からは開口一番、「毎年同じ額ですが…」と、これも毎年おなじみとなった言葉が漏れ、中島常務理事は「いやいや、それを続けていただいていることがすごいです」と応じました。その後、最近のベルマークでのお買いものの傾向が話題になり、「やはりサッカーなどのボールが多いです」と中島常務理事。そのほか直径1m前後のミニトランポリンの人気が最近上がってきているそうです。寄付されたお金は災害被災校やへき地校の支援、スポーツ振興などに活用されます。

ベルマーク商品

Penfield フロンティア ボディバッグ

ベルマーク新聞

ベルマーク新聞
2018年 5月号
(PDF)
過去分も読むことができます

ベルマーク検収

今週の作業日:5/14~5/18
2/26までの到着分を作業中

月別記録BOX

PAGE TOP